ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
動画レッスンサーチ 新着順一覧へ カテゴリー一覧へ

見たいレッスンをキーワードで入力してください。

検索ヘルプ

公開日

2019.1.7

終了予定日

2019.4.7

>甘いチャンスボールを仕留めよう

ボレーなら体を正面に向けたまま打つことができますが、グランドストロークは腰の回転がスウィングの原動力になります。腰を回すためには、まずは腰を横向きにして打点に入ることが大切です。横向きで入って、腰を回してスウィングして正面向きで打ち終わります。
 
構えた場所から横に動いて打っていく場合は、横向きのステップから前にステップインして打てば「横向き→正面向き」の腰を回したスウィングができます。問題は、やや浅めの勢いのないボールを打つ場合です。横向きのステップから前にステップインするだけでは届かない場合は、まずは横向きで横に動き、横向きのままサイドステップで前に動いて打点に入っていきます。このような丁寧なフットワークで打つように心がけましょう。

注意してほしいのは、早く打点に入ろうとして正面向きのまま短いボールに近づいてしまうミスです。正面向きで打点に入ると、腰が窮屈になって回せなくなり、クロスコートに打とうとしても角度が甘くなったり、腰が使えないので手打ちになってミスしやすくなります。

サービスライン付近で弾むような極端に短いボールに対しても、やはりボールを打つ前は横向きで近づくことが大事ですが、すぐに横向きを作ってサイドステップで近づいていったら時間が間に合いません。極端に短いボールに対しては、まずは正面向きで走って近づいていき、ボールの手前で横向きを作って、スウィングします。そうすれば短いチャンスボールを腰を回してしっかり打っていけるようになります。

短い球を打った後は体が前傾してバランスを崩しやすいものです。バランスよく打ち終わるために、打った後、動画のように前足でホップしてみましょう。前足でホップすると軸がまっすぐになってバランスが安定し、次の動作に素早く移れるようになります。
 
※この動画はプレミアム会員に3ヶ月以上継続して加入している方専用の3M継続特典映像です。

検索ヘルプ3M継続とは?



動画再生をする

【3M継続】中屋晋の軽快フットワーク技

>サーブのステップを見直してみよう

サーブというと腕の使い方やラケットワークに注目して練習しがちですが、サーブに悩んでいる方は...

動画ページへ    

公開日2019.1.28 終了予定日2019.4.28

【3M継続】中屋晋の軽快フットワーク技

>深い球は踏み込まずに打ち返そう

前回は、セミオープンスタンスの形から前足を踏み込んで打つ場合に、頭を後ろ足に残したまま...

動画ページへ    

公開日2019.1.21 終了予定日2019.4.21

【3M継続】中屋晋の軽快フットワーク技

>後ろ足主人公で打球が見違える

スウィングの主人公は後ろ足です。つまり、後ろ足を軸にスウィングを作ることで力強さが生まれ...

動画ページへ    

公開日2019.1.14 終了予定日2019.4.14

【3M継続】中屋晋の軽快フットワーク技

>セミオープンの発射台を作ろう

皆さんは「フットワーク」というと、どういうことをイメージするでしょうか。心肺機能を高めたり...

動画ページへ    

公開日2018.12.31 終了予定日2019.3.31

動画ボタンが変わりました

<お知らせ>
「MPEG4」「QuickTime」「Flash」の各ボタン(旧動画配信システム)は2017年3月31日に終了しました。


プレミアム会員専用動画レッスンの視聴ガイド

テニスストリームTVプレミアム会員入会のご案内

プレミアム会員専用動画レッスンは、テニスストリームTVプレミアム会員(月額540円)の専用サービスです。

動画レッスンの視聴環境

プレミアム会員専用動画レッスンは、以下の視聴環境でご覧いただける動画を配信しています。

視聴環境
OS/アプリ バージョン
デスクトップ Windows

7、8.1以上

Mac

OSX Yosemite以上

ブラウザ Chrome

58以上

Firefox

52以上

Internet Explorer

11以上

MS Edge

14以上

Safari

10以上

モバイル/タブレット iOS

9以上/Safari

Android

4.4以上/Chrome

動画は高速インターネット回線(光、ADSL、ケーブルTVなど)で視聴してください。ご使用のPC、タブレット等のスペック性能、またインターネット接続回線の通信速度によっては動画のダウンロードに時間がかかる場合や正常に再生できない場合があります。動画の視聴に関する不具合については「よくある質問(動画視聴について)」をご参照ください。

おすすめレッスン動画
動画でテニスが上達するテニスストリームTV