動画でテニスが上達するテニスストリームTV

ログイン

会員ログイン

プレミアム会員の案内

はじめての方へ

まずは無料の会員登録!

会員登録をすれば、ワンポイントコラムや無料動画を閲覧・視聴できます。

まずは無料の会員登録をする

月額540円で動画が見放題!!

プレミアム会員(月額540円)に入会すれば、専用動画が視聴できます。

プレミアム会員の入会案内はこちら

ワンポイントコラム

海老名正明のR40倶楽部

シンプルかつ明解なアドバイスで人気を博す海老名正明コーチが、40歳以上のテニス愛好者に贈るスローテニスライフのススメ。あなたのテニス観が変わります!

このコラムを読む

橋爪宏幸の勝利のレシピ

草トーナメントで200勝以上の実績を持つ橋爪宏幸氏(プリンス・アドバイザリースタッフ)が解き明かすダブルス勝利の法則。ポイントを獲るアイデアやゲームに勝つためのノウハウが満載です!

このコラムを読む

twitter
テニスストリームTVオンラインショップ商品の詳細
上達の玉手箱vol.11

DVD マガジン上達の玉手箱 vol.11

指導/長塚京子・早川克意・海老名正明

このDVDには、『秘密特訓トップスピン編』(指導・長塚京子)、『賢者のゲーム戦術』(指導・早川克意)、『超簡単!EZサーブ』(指導・海老名正明)の3つのレッスン番組が収録されています。

定価 ¥3,024(税込)

配送料は無料です!(配送方法:クロネコメール便)

【お支払い方法】

支払い方法
商品をカートに入れる

◆このDVDには以下の3つのレッスン番組が収録されています

コンテンツ1 長塚京子 『秘密特訓トップスピン編』

トップスピンと聞くと、R・ナダル選手のようにガンガン打つイメージを持つ人もいるかもしれませんが、本来は、ボールに縦回転を与えて安定して相手コートに入るようになる、そういうショットのことをトップスピンボールと言います。アウトやネットのミスが怖くてフォアハンドのスウィングが振れないと悩んでいる人、ボールの高さや角度をもっとコントロールできるようになりたい人、フォアハンドの悩みを抱えている人は、ぜひトップスピンを練習してください。

■レッスン1:トップスピンを打ってみよう

最初は、ネットに近い位置に立って、そこからネットより低い打点で捕らえて相手コートのベースライン方向にボールを打つ練習を行います。スウィングはゆっくりで構いませんから、体をしっかりと回転させながらラケットをワイパーのように振り切って打って下さい。自然にトップスピン回転がかかり、ネットを越してから相手コート内に入る弾道のボールになります。

収録時間 7分4秒

■レッスン2:超アングル練習でスピン感覚をつかむ

トップスピンを覚える上で重要なのは、ボールをラケット面でしっかり捕らえて、回転をかけていく感覚をつかむことです。そのためには、最初はベースラインの位置からガンガン打たずに、ネットに近い距離でゆっくりとしたペースのボールを打ちながら、打点の位置や体全体を使ったワイパースウィングの動作を確認しましょう。

収録時間 6分56秒

■レッスン3:浅いトップスピンと深いトップスピン

浅いトップスピンは、ネットに出てきている相手の足元に落とせるのでボレーで攻め込まれにくい形にもっていくことができます。一方、深いボールは、相手に高い打点で打たせることができる点と、相手をコートの奥に追い込むことができるという利点があります。浅いトップスピンと深いトップスピンを上手に打ち分け、ゲームを有利に進めていきましょう。

収録時間 5分56秒

■レッスン4:オープンスタンスでしっかり振り切ろう

いいトップスピンを打つには、腕の振りだけではなく体の回転を上手に使う必要があります。体の回転を使って打つスウィングを覚えるために、今回はオープンスタンスの練習を紹介します。オープンスタンスにすることで、前足を踏み込んで打つよりも体の捻り戻しを使いやすくなるので、体全体を使ってトップスピンを打つスウィングが覚えられます。

収録時間 6分42秒

■レッスン5:チャレンジ!トップスピンロブ

今回はトップスピンロブを練習します。トップスピンロブを覚えれば、相手がネットに出てきたときにロブで相手の頭を抜いたり、相手のバランスを崩してから攻撃に転じていくことが可能になります。トップスピンロブはオープンスタンスのほうが踏み込んで打つよりも簡単に打てます。まずはオープンスタンスで打つ練習をしてみましょう。

収録時間 6分53秒

■レッスン6:回り込みフォアでスウィングを磨こう

今回はトップスピンの仕上げとして、より重い球質のトップスピンを打てるようになるために、回り込みフォアの逆クロスを練習します。まずは近い距離から自分の左側にボールを出してもらい、それをフォア側に回り込んで逆クロスに打っていきます。次に、チャンスボールをフォアに回り込んで逆クロスに打ち込んでいく練習をしてみましょう。

収録時間 5分59秒

 

コンテンツ2 早川克意 『賢者のゲーム戦術』

今回は皆さんが勝負強いプレーヤーになるための戦術とテクニックを紹介します。たとえば、苦手なバックハンドばかり狙ってくる相手と対戦したときはどうしたらいいか。また、速いサーブをどんどん打ってくるビッグサーバーを相手に勝機を見い出すためには、どのようにリターンしたらいいか。そういった対戦相手に応じた戦い方やテクニック上達のコツを動画で解説します。ぜひ、ご覧になってゲームに強いプレーヤーになってください。

■レッスン1:ボレー巧者に対抗する戦術

ボレーの上手いプレーヤーは、どんなに速いボールを打っても正確に面を合わせてボレーしてきますから、逆にこちらか追い込まれてしまいます。また、ゆっくり打つと素早くネット前に詰めてきて簡単に決められてしまいます。そのようなボレー巧者を封じるためにぜひマスターしてほしいのが、ディンクショットを使った戦術です。

収録時間 6分26秒

■レッスン2:ビッグサーバーに対抗する戦術

高速サーブや球威のあるサーブを打ってくる相手に対して、打ち負けないように強くリターンしようとすると、どうしてもミスヒットしがちです。このようなビッグサーバーを相手にした場合は、力に対抗しようとせず、その力を利用して返球することを心がけましょう。まずはミスせずに確実に返球すること。とにかく返すことによって、勝機は確実に広がっていきます。

収録時間 7分6秒

■レッスン3:ロブで粘る相手に対抗する戦術

ロブで粘ってくる相手に対して、力で無理矢理スマッシュして自滅してしまうパターンがよくあります。滞空時間の長いロブをスマッシュしようとすると、力んだり、打点に入れずにミスがちです。力まず、スムーズに落下地点に入るために、後ろへ走るイメージを持ってみましょう。また、ロブが上がったら、一度腰を落として沈み込んでから走るようにすると良いでしょう。

収録時間 6分26秒

■レッスン4:バック狙いの相手に対抗する戦術

多くの人はフォアよりバックのほうが弱いため、「相手のバックを攻める」というのは基本的な戦術の一つです。しかし、相手がその戦術をとってきた時に何の対応策もないと、簡単に相手に主導権を握られてしまいます。無策では勝機は見いだせません。相手がバックを狙ってくるのが明らかに分かったら、フォアハンドに回り込んで打つことにトライしてみましょう。

収録時間 5分53秒

■レッスン5:スライスリターンに対抗する戦術

自分のサーブの時にリターンをスライスで丁寧に返され、攻めあぐねているうちに相手にやられてしまう。そんなときは時々サーブ&ボレーを織り交ぜてみましょう。サービスダッシュすることで、相手はスライスを深く返すだけではやられてしまうと考え始めます。浅く沈めようとしたり、トップスピンを打ってみたり、ペースが乱れてミスする可能性も高くなります。

収録時間 6分34秒

■レッスン6:ゲームの流れを変える戦術

試合中、打ち合いが長くなってなかなかポイントがとれなくなってきた時、左右へのショットに加えてこのドロップショットを混ぜてみましょう。ドロップショットでポイントが取れればOKですが、ポイントが取れなかったとしても、相手は左右に動きとともに前後の動きも意識しなければなりませんから、流れを変えるきっかけが作れます。

収録時間 6分28秒

コンテンツ3 海老名正明 『超簡単!EZサーブ』

「サービスは嫌いだ」という人、結構います。確率が悪い、入れるだけで相手に攻め込まれる、トスがうまく上がらない……。人それぞれ、いろいろな問題を抱えています。そんな人にこそ、見てもらいたいのがこの動画レッスンです。サーブを難しく考えないでください。この映像をご覧になって「それでいいの? なんだ、簡単じゃないか」と、多くの人に感じてもらえることを願っています。

■レッスン1:大きなスウィングでサーブが安定する

サーブは、弧の大きなスウィングをすることで、インパクトが多少早くなっても、逆に遅れても、コントロールが大きく乱れにくくなります。「入れなければ」という不安が解消されれば、もっと思い切り振れるようになりますから、ボールの威力も上がってきます。大きなスウィングを作るために、まずは右足をコートの中に一歩入れた状態でサーブの練習を行ってみましょう。

収録時間 4分31秒

■レッスン2:スライスサーブの打点はアバウトでOK

今回はスライスサーブのレッスンです。ただし、「このレッスンでスライスサーブを絶対にマスターするぞ!」と意気込んで映像を見ないでください。このレッスンの狙いは、サーブの簡単さを実感してもらうことです。「あっ、こんな感じがスライスサーブなのか」と感じてもらえれば、それでOKです。

収録時間 4分29秒

指導者プロフィール

長塚京子(ながつか・きょうこ)

95〜97年フェド杯代表。WTAシングルスランキング最高28位。95年全豪オープン、全仏オープンベスト16。Hills K-Nagatsuka Tennis Academy校長。

早川克意(はやかわ・かつい)

プレーヤー時代は日本リーグ選手として活躍。現在はIHSMテニスガーデン綾瀬ヘッドコーチとして一般クラスを担当するかたわら、ジュニア選手の育成に力を注ぐ。

海老名正明(えびな・まさあき)

ブレントウッドインドアテニススクール・ヘッドコーチ。テニス専門誌での明解な技術指導で全国にファンを持つ人気コーチ。テニスストリームTV技術アドバイザー

テニスストリームTV DVDマガジン
上達の玉手箱vol.11

制作・著作:株式会社クロスメディアオンライン

形式:Color,Doiby
リージョンコード:リージョンALL
ディスク枚数:1
時間:85分

販売元:株式会社クロスメディアオンライン
DVD発売日:2015年1月3日

テニスストリームTVオンラインショップの購入ガイド

テニスストリームTVオンラインショップでの商品販売について

当オンラインショップ商品の購入をご希望の方は、該当商品の詳細ページにて内容を確認後、購入手続きを行ってください。当オンラインショップのご利用手順等はショッピングガイドページにてご案内しています。